製品

パウダーコーティングマシン
粉体塗装機-ユニトロニック

URPC-97M

パウダーコーティングマシン

はじめに
私たちは、エネルギー効率が高く、リーズナブルな価格で、使いやすく、耐久性のあるパウダーコーティング機を開発し、最適性能の要求に応えます。粉体塗装機をお探しの場合は、できるだけ早くお返事させていただきます。

このマシンは、特に断熱コーティングのための設計です。電子部品の表面にエポキシ粉末を均一に塗布して絶縁、防湿、機械的強度を高めることができます。
フィルムコンデンサ、セラミックコンデンサ、抵抗器、IC、PTC、NTCなどに適しています。
  • 全体のコーティングプロセスを表示するタッチスクリーン付きのオムロンのPLCコントローラによる制御システム。
  • ユーザーは実際の要求に従って暖房箱の温度を置くことができました温度調節器は容易そして速く置きます。
  • 電源:380V、10KW
  • 空気圧:10キロ。

フローチャート
  • 予熱:エレメントが機械に入った後に初めて加熱します。
  • 流動化:空気を均一に噴出するように圧縮し、コーティング材料を煮詰めた状態に沸騰させて、粉末を緩めそして冷却する目的を達成する。
  • 粉体沈降:粉体流動化後の粉体を沈降させる工程である。
  • パウダーを剃る:パウダーの沈殿が終わったら、表面を平らにするために、右側から左側に余分なパウダーを剃ります。
  • 浸漬:パウダーを剃った後、加熱したエレメントをパウダーに浸してから、エレメントの表面をパウダーでコーティングします。
  • 振動:パウダーを素早く流すために、エレメントをパウダーに浸した後にバイブレーターが揺れます。
  • ビートとバイブレーション:浸漬が終了した後、エレメントは中央位置まで上昇し、次にフレームがビートされてシリンダーで余分なパウダーを取り除きます。
  • メルトパウダーとグロス:エレメントをコーティングした後の最終加熱。粉体は固体から溶融物に変化し、その後光沢になります。

関連情報

歴史
    3問い合わせ